近刊情報に制御コードが混在(7/27〜29)していた件について

先月7月27日から29日にかけて、JPO近刊情報センターの近刊情報データ(ONIXファイル)に、システムエラーの原因となる制御コードが混在する問題が発生しました件につきましては、センターご利用者ならびに書誌データを利用されている皆様におかれましては、大変ご迷惑をお掛け致しましたことを深くお詫び申し上げます。

以下本件の経緯・対応等につきまして、ご報告致します。

—————————————————————–
■問題
2013/07/27(土)09:00~07/29(月)15:00の統合ファイル(onixfile.xml)において、「著者名 読み」情報(要素のcollationkey属性データ)に、XMLの仕様上利用が認められていない制御コード(0x0b 垂直タブ)が混在した。

■原因
近刊情報発信出版社からの近刊情報に、該当制御コードが混在して近刊情報センターに送付されたが、センターでは該当制御コードがエラーとして検出・除去されず、そのまま統合処理して近刊情報データ(onixfile.xml)を公開してしまったため。
センター側では、各要素のデータについては制御コードのチェックを行っていたが、今回制御コードが混在した箇所が属性データの部分であり、属性データに関しては制御コードのチェックを行っていなかった。

■影響
近刊情報受信利用社において、処理システムによっては該当する制御コードの混在のために、近刊情報データ(onixfile.xml)全体が処理できなくなる問題が発生した。

■対応
近刊情報センター側で、属性データも含めた近刊情報データ(onixfile.xml)全体の制御コードの有無をチェックし、問題となる制御
コードが混在する商品情報は除去して、他のパースエラーと同様に送信元に告知する。

■対応時期
2013/08/02(金)(本日)15:00の統合処理から対応。

※近刊情報発信出版社への禁則事項の徹底に関しましては、今後の課題とさせていただきます。

カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree